エントロピーの影

昔、初めてファミコンの「スーパーマリオブラザーズ」を遊んだとき、
とても難しくてクリアはできねーなーと愕然としました。
案の定、結構頑張ったのですが、1-3面をクリアできずに私のスーパーマリオ歴は幕を閉じたのです。ヘタクソですねー笑
今から考えると前後の移動とジャンプするだけなので至ってシンプルな操作だったんですけどね。

時は経ち私は今、死にゲーとの呼び名高い「隻狼(SEKIRO)」というゲームにハマってます。
こちらは前後左右に動く、ジャンプ、攻撃、ガード、忍具(必殺技みたいなやつ)、鉤縄(移動手段)とスーパーマリオと比較にならないくらい多様な操作が必要となります。
いやもうね、一瞬で判断して操作を切り替えるってオッサンにはキツイんすよ。
なので身体が覚えるまでひたすらトライの繰り返しです。いやー、何回もトライできてしまうゲーム性は凄いですよこれ。

 

時代と共に過激かつ複雑になっていくのは娯楽の宿命なんでしょうかね。
音楽も7~80年代の曲を聞くと音がシンプルで改めてビックリします。
あの頃にDAWとかソフトシンセとか盛った今のパソコン持っていったら神作曲家になれるかなーと思ったけど、そもそも作曲は機材だけじゃないから無理ですね。サンプラーはかなり武器になりそうですけど。

話を戻して娯楽だけでなく価値観なんかも振り返ってみると、私が子供の頃は割と単純な価値観で多数が同じ価値観を共有して(させられて)いましたが、多様な価値の発生と認知の時代を経て、今はそれら多様な価値観同士の関わり合い方の模索の段階に来ていると感じます。
自分の価値観を大事にしつつ、他の価値観と生きていくのって、生き方の根源に近ければ近いほど難しいですね。

小難しいことはさておいて、不可逆的に複雑になっていく世間の中で「こんなん難しくてわかんねーよ!」と怒鳴り散らす人間にならないよう、しっかりと世の中の流れを理解し続けていきたいなぁとゲームの中で死にながら思いました。

 

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4

 

 

祝エースコンバット7発売

やーーっと発売されましたよ。エースコンバット7
私はPS2のゼロ以来なので足掛け14年振りな訳ですよ。感極まっちゃいますよ。

巷では面白くないっていう評価が多いですけど、いや面白いって!マジで!
確かに過去作に比べて難しいけど、適切な兵装を選んだり、ルートを考えながら何回かトライすればクリアできると思うんですよ。自分はミッション13でつまづいているんですけどね。

とはいえ手放しで評価できるってわけでもなく、ミッションクリアで獲得できるポイントが少ない事と、ロックオンを切り替えると離れたターゲットに切り替わるのは良くなかったかな、と思います。

ポイントはマルチプレイでも稼げる&マルチの方が1戦で獲得できるポイントが多いので、マルチ前提の設計だったんかなーと思います。
マルチって三年後とか考えるとどうなんでしょ。買ったはいいけど全然マッチングしなくてヒーヒー言いながらフリーミッションで稼ぐしかなくなるんでしょうかね。
ロックオン切り替えは昔からだったけど、今回あらぬ方向さ加減に磨きがかかったように感じます。マルチはそれほどでもないからまだマシかな。

話は飛びますが、飛行機に乗るとシートベルト装着サイン点滅するときに「ポーン」って鳴りますよね。
私はあれが結構好きでエースコンバット7のVRモードでのミッション開始時にこの音が鳴るのを聞いたときはテンションだだ上がりましたね。
大した事じゃないんだけど、これが嬉しくて何回もやっちゃうんですよね。まあ、自分でもヘンな奴だなーとは思ってますが。
嬉しくなりすぎでシンセでこのチャイム音作っちゃいました。

soundcloud.com

なんでしょうね、どんだけ好きなんだって感じですね(笑)

ボリューム満点世代の悲しみ


私は団塊ジュニア世代なんですが、あんまり自分の世代に良いイメージがないんです。教育過程では十把一絡げな扱いを受け、受験戦争だ就職戦線だと激しい競争に放りこまれたり…

やっと一息ついたと思ったら、今度は「さぁ金使え」とばかりに、あからさまに我々世代を狙った商品が次々と発表されてウンザリします。
ニンテンドークラッシックとかプレイステーションクラッシックとか何なんでしょうね。一瞬でも欲しいと思った自分が情けないですよ。
まあでもカラーじゃないゲームボーイは欲しいんですけどね。


そんな「懐かし商法」は音楽業界にも波及しておりまして、iOS用のアプリでもチラホラ見つけられます。
踊らされてるって分かってるんだけどなー買っちゃうんだよなー

で、買ったのがDigital D1 というシンセ

AudioKit Digital D1 Synth

AudioKit Digital D1 Synth

  • AudioKit Pro
  • ミュージック
  • ¥1,200

ザックリ紹介すると、2オシレーターのシンセでデフォルトでは各オシレーターに1つフィルターとエンベロープが付いてます。
エフェクトは一通りのものがついて、16ステップのシーケンサーもあります。

と、ここまでだと何の変哲もないフツーのシンセ、最近のものとしてはちょっと物足りないまである感じですが、いくつか面白い特徴があります。
まずはオシレーターですが、PCM音源と基本波形が選べます。
このPCM音源がですね、懐かしいんですよ。ええ。
80~90年代の青春真っ盛りの頃に聞いたあの音が山盛り入ってるんですよ。
同じく懐かし商法のKORG M1に似た音なので、youtubeでM1の動画を見れば何となく音のイメージはつくかと思います。

次の特徴がハーモニックフィルター。
って書いててこのハーモニックフィルターが何なのか良く分からないんですが、これを使うと良い感じにミョンミョンするんですよ。
使い方はlayerウィンドウでエンベロープつまみ上にある「Advanced」ボタンを押すと、専用ウィンドウが開きます。
↓ここを押して

f:id:sstr649286:20181107225009p:plain

出てきた画面の左にあるマルをタッチしてフィルターをオン。
あとは適当に設定したら、一番右にあるつまみをグリグリするとあら楽し。

f:id:sstr649286:20181107225153p:plain

あとはシーケンサーオシレーターごとに適用できるので、片方は伸ばしで片方はアルペジオ、なんて使い方ができます。

色々書きましたが、このシンセの最大の特徴は「音が良い」ことだと思います。毛色は違いますが、Moog社のシンセ(Animoog、Model 15、Model D)並の良さがあるんじゃないでしょうか。なんていうか、グッとくる音の透明感があるんですよね。思い出補正かもしれませんが。

最近はパソコンでDTMをするのがメインになってしまっていましたが、このシンセのおかげでiPadもちょくちょく触ることになりそうです。

 

ダンゴムシのガシャポン

二ヶ月位前に、はてなブックマークバンダイさんからダンゴムシガシャポンが発売されるという記事を読んで非常に楽しみしてたんですが、ついに発売されたのでゲットしてきました。

こんな感じのガチャガチャ。1回500円也。

f:id:sstr649286:20180825225706j:plain


この写真は売り切れてたのが悔しくて撮りました。
人気らしく、どこも売り切れていて何箇所も探し回って
やっと手に入れましたよ。

で、実物はこちら

f:id:sstr649286:20180825225758j:plain


デカイですね~キモいですね~
実物比1000%だそうです。

 

これだけでも結構リアルなんですが、ダンゴムシって節の端が明るい線になってますよね。
ガシャポンにも線を表現する溝が入っているのですが、さすがに色分けはされていません。
なので色を塗る事にしました。

 

用意したのは溶き皿、プラモデル用塗料、筆洗い用シンナー、
デザインナイフ、マスキングテープ。

f:id:sstr649286:20180825225826j:plain

 

分解した後、間違えて塗らないようにマスキングテープで養生しました。

f:id:sstr649286:20180825225855j:plain

なんか足がリアルで嫌だ・・・

 

養生の仕方はマスキングテープを貼って、溝に沿ってカッターを入れて塗るところだけ剥がしてます。

f:id:sstr649286:20180825225918j:plain

本当は溝のところもきちんと処理した方がいいんだけど、まあいいか。

 

使った塗料はこれ。タミヤさんのデッキタンという色。目も黒く塗りました。

f:id:sstr649286:20180825225940j:plain

 

薄く塗って乾燥を2回繰り返してマスキングテープを剥がし、再度組み立てて完成!

f:id:sstr649286:20180825230002j:plain

おぉ、更にダンゴムシっぽい!


丸めるとこんな感じ。オーム貝みたいでカッコイイ?

f:id:sstr649286:20180825230019j:plain

しかし、500円で丸められるほど可動するプラモデル(?)が買えるなんて
すごいですねバンダイさん!
なんか開発に2年かかったほど苦労したらしいので、これだけ売り切れ
続出だと開発者さんも報われたんじゃないでしょうか。
ほんと、楽しませてくれてありがとうございます!

以上、今日の作業報告でした。

オッサンの夏休み自由工作

自由工作ではなかったですが、私は中学生のとき授業で電磁ブザーを
作ったことがあります。
鉄の棒に銅線を巻いた電磁石を使ったものでしたが、銅線を巻くのが
大変だった記憶があります。
今でもやってるのかな?

それから四半世紀以上の時が経ち、ブザーのことなんてすっかり忘れてましたが、せっかくの夏休みだし再びブザーを作ってみました。

ブザーといっても今回は電磁ブザーではなく、アナログシンセサイザーのVCO(電圧制御発振器)です。
VCOはオシレーターと呼ばれるシンセサイザー回路の出発点にある
音が鳴る部品です。

 

さて、作るといってもイチから作るのは無理なので、 Maker Faire Tokyo なる展示会に行って調達してきました。

f:id:sstr649286:20180814233911j:plain

この Maker Faire Tokyo というのは乱暴に言えば電子工作の祭典のようなもので、ユニークな制作物が目白押しの楽しい展示会です。
この展示会で Breadboard Band という電子回路を即興で組み立てながら音を奏でるバンドが電子回路を販売するというので行ってきました。
※ Breadboard Band さんのサイトはこちら
ワークショップもやってらっしゃるようです。

makezine.jp

で、買ってきたものがこちら

f:id:sstr649286:20180814234237j:plain

これを組み立てて、フリスクのケースに入れるのが今回のミッション

f:id:sstr649286:20180814234313j:plain

ひとまず完成

f:id:sstr649286:20180814234344j:plain

ハンダごて握るの久しぶりすぎて見苦しくなっちゃいました

f:id:sstr649286:20180814234416j:plain

これだけでは音がならないので、電源用のUSBソケットと出力用の
オーディオジャック、波形切り替え用のスイッチとそれらをつける
基盤を追加で購入

f:id:sstr649286:20180814234456j:plain

ソケットとスイッチを付けた。なんかカッコイイぞ

f:id:sstr649286:20180814234533j:plain

最後にオーディオジャックを付けてフリスクケースにいれて完成!

f:id:sstr649286:20180814234605j:plain

さて、ひたすら「ブー」と鳴り続けるブザー(水色のツマミで音の高さは変えられる)が何の役に立つかというと・・・

 

ジャン!

f:id:sstr649286:20180814234638j:plain

モジュラーシンセのモジュレーションソースとして使えるのですよ!
画像に写っている黒いのは MAKENOISE 社の 0-COAST という
セミモジュラーシンセで、手軽にモジュラーシンセを楽しめる
心憎いやつです。

ちなみにこの 0-COAST にインスパイアされて作ったというRipplemaker という iOS用のアプリがあるので
興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

Ripplemaker

Ripplemaker

  • Bram Bos
  • ミュージック
  • ¥1,080

 

で、この 0-COAST なんですが、基本的に音が丸い感じなのでザリザリした音が欲しい時にこの Breadboard Band さんのVCOを使うとイイ感じに
ザラついてくれます。

自分で組み立てたものを使って音作りが出来るとなんか嬉しいもんですなぁ。


細かいハンダ付け作業で目がショボショボになっちゃったけどね・・・

nanoloopサウンド紹介(その2)

前回からの続きでnanoloopで作った音を紹介します。

 

●ウネウネ残響ベル
LFOを調整して残響のウネウネをテンポに合わせてもいいし、
ギラギラした音にしてもいいかも

f:id:sstr649286:20180729115408p:plain

 

●音域で音色が変わる。+2オクターブで木琴のような感じ
-1、-2オクターブでまた違った味わいに

f:id:sstr649286:20180729115519p:plain

 

●FMベース2
右から2番目の数字が0となっていますが、1です。すみません
(最小値が1)

f:id:sstr649286:20180729115626p:plain

 

●ちょっとモジュレーションをかけたFMベル
+2オクターブで恥ずかしいくらいベタなベルに

f:id:sstr649286:20180729115832p:plain

 

ここからバーチャルアナログシンセ

●ゴムのようなベース。decayは長めにした方がいいかも

f:id:sstr649286:20180729115918p:plain

 

●何かを弾いたような、どこかで聞いたような音

f:id:sstr649286:20180729120054p:plain

 

クラリネットのような音
関係ないけどやっとattack(左から2番目)を大きくしましたね
アタックが遅い音はサンプラーで鳴らしているので、
ほとんどの音色がアタックゼロですけど色々試してみてくださいね

f:id:sstr649286:20180729120133p:plain

 

●+1オクターブ限定の音
他のオクターブだと音が割れた感じになります
そのくせあんまり特徴がない音色

f:id:sstr649286:20180729120323p:plain

 

●どこかで聞いたような音その2
-2から0オクターブでコーラスがかかったような感じに

f:id:sstr649286:20180729120412p:plain

 

オーボエもどき
attackは上げた方がいいかも

f:id:sstr649286:20180729120459p:plain

 

ファミコンの音。そう思って聞けばファミコンの音

f:id:sstr649286:20180729120524p:plain

 

●昔どこかで聞いたんだよな~ 何だっけかな~ という音

f:id:sstr649286:20180729120553p:plain

 

nanoloopは意外と色んな音が作れるんだよ~

nanoloopサウンド紹介(その1)

通勤通学のお供 nanoloopがアップデートしてましたよ。
普段Androidの自動アップデートを切っているので気づきませんでした。

2011年にリリース(Android版)なので7年経ってもアップデートしてくれるアプリなんて、なかなかないですよね。ありがたい。


いくつか細かい変更があるのですが、新規ファイルを開いたときにデフォルトで音がいくつか設定されているのがいいですね。
nanoloop はデフォルトで a,b トラックがバーチャルアナログ、c,d がFMシンセ、e,f がノイズ、g,h がサンプラーで構成されています。

旧バージョンでもe,f トラックはハイハットとスネアっぽい音が設定されていたんですが、今回のアップデートで b と d トラックにも音が設定されました。

だからなんだって話でしょうが、いきなりシーケンスを組んだ後に修正したいときに「この音はどのトラックの音か」が分かりやすくなったと思います。

 

という訳(?)で、なんか嬉しくなっちゃったので、私が使っている音を紹介します。

 

まずはFMシンセから

●高音でアルペジオ作るといいかも?

f:id:sstr649286:20180728154816p:plain

一番右の?は設定項目の文字と、設定の値の数字が被って見づらかった
ので?としています。申し訳ないですが画像の位置で推測してください。

また、モジュレーションのタイプと何をモジュレーションをするのかの
設定もあります(画像の赤い四角部分)ので、注意してください。

 

●音が低いと切れのあるベース、高いとなんちゃってエレキピアノ

f:id:sstr649286:20180728151345p:plain

「ー」はモジュレーションの適用量がゼロなのでいじっても効果がない
事を意味しています。

 

●FMベース

 f:id:sstr649286:20180728153107p:plain
お好みでモジュレーションの値(53のところ)を上げてください。
シーケンスで変更してもFXっぽくていい。

 

●teenage engineering社の PO-16 を真似した音

f:id:sstr649286:20180728155308p:plain

PO-16はポケットサイズのシーケンサー
色んな音やFXが入っていて楽しいですが、# の音がなくてC調のみなのが
欠点。

f:id:sstr649286:20180728163059j:plain

ボタンが灰色になっているのはドの音のところに色を付けたからです。

●昔のユーレイっぽい音

f:id:sstr649286:20180728163309p:plain


長くなったので、ひとまずここまで。
次回もnanoloopサウンドを紹介します。